教育内容 >> 「ホンモノ体験」 >> 「中京大学・坂田ゼミ」コラボ企画

「中京大学・坂田ゼミ」コラボ企画 『商品開発を提案する』 第4回 

 12月から始まった中京大学・坂田ゼミとのコラボ企画=産高大が連携して商品開発を行う の締めくくりと して、3月12日(日)中京大学名古屋キャンパスにおいて、アイディアの発表会を行った。坂田教授の趣旨 説明、四日市南・鈴木校長のあいさつに続いて、生徒たちは3つのグループに分かれて議論してきた「井 村屋のアイスクリーム」の商品開発についてのアイディアをプレゼンした。

 「この商品のターゲットは?」「井村屋という地元企業と地元の名産品を合わせてPRする」「知覚過敏の人 が増えているので、そのような人向けのアイスを」など、それぞれのグループが様々なデータを駆使しなが ら細かなところまで意識しながらプレゼンを行った。井村屋の中道執行役員からの講評、質問、意見など を交えながら進んでいったが、清明ホールという大きな会場にも圧倒されたのか、いつものプレゼンに比 べると力を発揮できなかったケースが目立った。しかし、それぞれが大学生のチューターに指導してもらい ながらの約3か月にわたっての議論の成果を精いっぱい発揮していた。

 最優秀に輝いたチーム服部の「知覚過敏の人のためのアイス」には井村屋から記念品が、また、参加した生徒 たちには中京大学学長から修了証が手渡された。

 本校にあっても、中京大にあっても初めての経験で、手探りの状態で進んできたが、生徒の表現力を高め る、意見をぶつけ合いながらもコミュニケーション力を高める、アイディアを考える、データを使いながら論 理的に思考する経験を積む、などまさに生徒たちにとっては「ホンモノ体験」になったことだろう。ぜひ、今 年の反省も生かしながら来年度以後も学校の中だけでは味わえないこのような体験を継続していきたい。

 

「ホンモノ体験」TOPへ >>