教育内容 >> 「ホンモノ体験」 
     >> 「産高大連系コラボ企画」『企業の商品開発』第2回

「産高大連系コラボ企画」『企業の商品開発』第2回 

 10月16日に引き続いての第2回セミナーを11月13日(月)16:30〜18:00まで実施した。前回の坂田先生の 講義に加えて課題図書を読み、井村屋の商品のアイディアを自分で100個ずつ考えてくるという宿題を持 ち寄っての今回のセミナー。なかなかハードルの高い課題であったが、参加生徒は全員、100個のアイディ アを携えての参加。今回はファシリテーターの大学生を交えて、持ち寄ったアイディアの中から自分たちの グループの商品を一つ選び、それを具体化するまでのディスカッションを行った。

 しかし、自分たちのグ ループの商品を決めることはともかく、具体化するまでには至らないグループが続出。途中でディスカッ ションを止めての坂田先生からのアドバイス。「なぜ予定通り出来なかったのか」「どうすればよかったの か」。実はこれを考え反省することが大きな狙い。みんなで考える中で社会では「言われたこと、教えられ たこと」だけをやっているのでは通用しない、ことを学習することができた。また、自分たちで主体的に動く ことの大切さ、考えること、みんなで協力することの大切さを身を持って知ることができ、また一つ成長する ことができた。失敗してもいい。それを糧にして目標まで到達することを学ぶことは授業や部活動だけでは できない貴重な経験だ。次回は12月16日、いよいよ自分たちのアイディアを具体的な商品にしていくプロセ スのワークショップになる。次はどんな失敗をし、どんな成長をするのか。この1か月の彼らの成長と合わ せて楽しみに待ちたいと思う。

 

「探究的活動」TOPへ >>