探究的学習 >> 2019年度
 >> 『中京大学との産高大連携探究学習』(工場見学) 

『中京大学との産高大連携探究学習』(工場見学)

 12月26日(木)、産高大連携探究学習で井村屋本社工場見学を行いました。参加者は津西高校生,中京高校生と本校生合わせて42名でした。この工場見学は,9月から取り組んでいる商品開発の具体的なイメージをつかむ目的で中京大学坂田ゼミが企画しました。

  

 最初に、三校の生徒42名は大研修室に入り、中道副社長から井村屋グループ株式会社の理念や経営方針の説明を受けました。その後、3グループ(学校別)に分かれて商品開発担当者への質問と工場見学を行いました。質問会では、各グループが開発している商品が実際生産可能で、商品化できるかどうかやコスト・パフォーマンスの面で採算が取れるのかなど経営や技術面での多くの質問が、現場の開発担当者にありました。担当者は、丁寧に具体例を挙げて返答し、現場の魅力をアピールしていました。また、技能者のモノづくりへのこだわりや創意工夫、アイデアの提案方法など学校では味わうことのできないビジネス界を知ることができました。

   

 工場見学では、「肉まん」と「あずきバー」の製造過程を直接見ることができ、井村屋の商品が独創性に富み、ロングセラーとなっている理由が理解できたようです。研修室では、その「肉まん」を試食し、食感を体験しました。生徒は工場見学と商品開発担当者から食品開発には食材の選択と調味料の配合がとても重要であること、顧客のニーズをいち早く把握し、顧客満足度を向上させることが経営には不可欠であることを学んでいました。

   

 次回(最終回)は2月15日(土)13時、中京大学清明ホールで行われる産高大連携「提案発表会」です。この発表会は津西高校、中京高校、本校の生徒と中京大学坂田ゼミの学生が井村屋(株)の役員や開発担当者の前で新商品の提案発表をします。どんな商品が提案されるかとても楽しみです。

 

探究的活動 2019年度 >>